太陽のchikara 「ズボラ主婦のエコエコ節約生活」

地球にやさしい生活は、おサイフにも環境にもやさしい・・・ 太陽のchikara(太陽の力)を利用して楽しく節約 !エコ生活で「地球温暖化」を止めよう~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ふと家の中を見回してみる・・・  

    子供の頃になくて、今ある電化製品は何・・・・?
  
    携帯電話、パソコン、食器洗い機、除湿機、デジタルカメラ・・・
    あるある数え切れないほどある。

    でも、子供の頃は不自由で辛いと感じたことはなかった。
    
    でも、今はあって当然、あるのが当たり前・・・ 

    今月4月1日に京都議定書の第1約束期間(2008~2012年度)がスタートした。
    日本は温室効果ガスを6%削減する義務を負うことになっているが、実際はその2倍の
    12%以上を削減しなければ目標を達成できない非常に厳しい現状になっているようだ。
    数昨日の新聞には世界全体では20%も増えていると、アメリカの検査機関?だったかが
    発表した記事が小さく取り上げられていた。

    テレビや新聞で地球温暖化の現状を目の当たりし、何だかモヤモヤしてしまう。
    早く行動をおこさなければ・・・ 

----------------------------------------------------------------------------------------------


    子供の頃、朝寝ていると台所から「シューシュッ」「シューシュッ」「シューシュッ」と
    リズミカルに音がしていた。母が鰹節を削る音だった。


              P1000641.jpg



    結婚し「鰹節削り器」をもらい、一時は使っていたが、
    朝の忙しさを理由に、パックの鰹節を買ってくるのが当たり前になってしまっていた。
    戸棚にしまわれた「鰹節削り器」を思い出し、子供にも見せて、使わせようと最近使い
    始めた。親子三代の年代物・・・ 

    パック入りの鰹節とは見かけも違い、「これが鰹節?」といった感じだったけど、
    お味噌汁のダシの味は、香りも旨みも全く違うことはわかったようだ。
    パックのゴミも出なく、自分の力の加減により「鰹節の厚さ」を調整でき、
    お店で買ってきたものと比べると一切ムダがない。
    使いたい分だけを削る。昔の人は本当に偉い・・・ 
    

               P1000644.jpg

       
     が必死になって削った粉々の「鰹節」をほうれん草にかけました。
    世界で一番固い食べ物と言われるだけあって、
    あまりの鰹節の固さに「これ殺人の凶器になってしまうと」  が心配していた~ 
           
    出来立てのアツアツのご飯に、粗めに削った「鰹節」と「醤油」を入れてた「おむすび」は
    格別です 
    


テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用
コメント

レトロなものいいですね。そのうち、私たちがレトロになるわね。うめぼしあげるね。
2008/04/14(月) 23:07:00 | URL | エコエコ #-[ 編集]

老けると言わず、レトロと表現するのはv-218 気難しい人間にならないようお互い若々しくいましょうね。「女性の品格」を最近読みましたよv-218
2008/04/16(水) 09:29:05 | URL | エコエコさま #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://taiyounochikara.blog106.fc2.com/tb.php/74-78e4a7ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。