太陽のchikara 「ズボラ主婦のエコエコ節約生活」

地球にやさしい生活は、おサイフにも環境にもやさしい・・・ 太陽のchikara(太陽の力)を利用して楽しく節約 !エコ生活で「地球温暖化」を止めよう~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   ブログでも紹介した「省エネダクト」を使っている友人宅  にお邪魔した。
   

   家に入るなり、「入って~」と、早々にコタツに入るように言われ、
   娘  と一緒に足を入れてみた。


         200812141318000.jpg


   他の話題に夢中になり、新しい写真を撮ってくるのを忘れてしまった。
   前回の写真と同じです (取材を忘れた~  )


   コタツの入り口から、長いダクトを通して、暖かい空気が送り込まれ、意外にも
   コタツを使っている我が家とは、違う感覚だとすぐにわかった 
   送風が送り込まれることによって、コタツ全体に暖かさが隅々まで行き渡り、
   ダクトから離れた位置に座っていた娘  も温かいと言っていた。
   コタツのように上からの熱が直撃ではないので、友人が言っていたように、「意外に良い」 

          
             省エネダクト

   色んな使い方ができるようです 

   但し、ダクトが部屋の中で邪魔といえば邪魔だと・・・ 

   でもダクト自体も触ると温かく、熱がその周辺にもぬくもり  を伝えていた。

   
-----------------------------------------------------------------------------



    いよいよ アメリカ  オバマ大統領が動き始めた 

    この歴史的就任演説を、この目で見て置かなければと、夜中2時に起きて聞き入った。

    テレビでは、ハーレム地区の人達の歓喜の涙が映し出されていた。

    黒人初の大統領が選ばれたことは、私にとっても本当に嬉しい出来事だった。

    10年くらい前に、主人  とニューヨークへ旅行に行った。
    ハーレム地区にも足を運び、教会  で生のゴスペルを聞き、一緒に歌ったり
    踊ったりもした。
    非常に熱い熱い  思いを重く感じ、感動して泣きそうになったことを
    今も忘れてはいない。
    この場所は私にとって一生忘れられない場所となった・・・ 
   
    そのときは、ただの観光であって、ゴスペルを良く理解したわけではなかった。
    その後、ゴスペルが黒人奴隷社会から救いを求めて生まれ音楽だとわかり、
    過去の歴史を背負い生まれた魂の叫び・・・だったと気がつかされた。

    人が人を差別する。決してあってはならないこと・・・
    
      
    しかし、日本  はダラダラの政治と全く期待感もなく、  オバマ大統領に
    日本国民が期待するのも良くわかる 
    発言内容がコロコロ変わる、漢字の読み間違い、国民に対して「さもしい」なんて
    言葉を言ってのけてしまう首相・・・ 

    
    日本もチェンジ・・・

    
    アメリカ バラク・オバマ大統領 就任演説  ← クリック


    ホワイトハウスもYouTubeを利用しているそうです!! 
    (アメリカは、やることが何でも早い~)

    1月24日付けの朝日新聞に就任演説の全文と日本語訳が掲載された。
    動画でみながら、読み解いていくと、一言一言の重みを感じる。
    中学生の娘  にも理解できそうな、1つ1つの単語が聞き取れます。

    まず、私が何回か読み解かなければ・・・ 

     
    

    
スポンサーサイト
 
   久しぶりに主人と有楽町まで、映画を見に  出かけた!! 

   途中、乗り換えの日暮里駅で、最近まで工事がされていて、きれいになった駅構内を
   通り抜けると、主人が「蛍光電球 を使っているな」と、高い天井を指差した!!

   「この電球 に替えると、かなりの省エネになるらしいな。すごい違うらしいよ」と・・・ 
   ( ←省エネに無関心だった夫 は、やっとそんなところにも目が行くようになった~ )




                090117_115519.jpg


   最近ブログネタがあまりないから、折角だから携帯で写真を撮っておこうと、
   二人して日暮里駅の構内を、あーじゃないこーじゃないと写真を撮ってきた。


               090117_115820.jpg


   通りすがりの人には、天井に何かいるのかといった感じで、ジロジロと眺められた~
  

   そして、「252 生存者あり」の映画を見た。

   始まって早々に(ネタバレにならない程度)、台風による大雨が駅の構内に入り込み、
   人々が逃げ惑う様子、人が折り重なり、パニック状態になっている場面がリアルに
   映し出された。
   この場面で、あまりの恐ろしさに気分が悪くなり、早々にこの映画を見なければと
   後悔してしまった~ (何とか、うす目でこの場面をクリア  )
   その後、色んな山場があり、レスキュー隊の人達に助けられるといった「愛と勇気ある映画」
   だった。
   最近は、「私は貝になりたい」で、主人と号泣してしまったが、今回も泣けてしまった~


   
   その後、夕食  を食べるには時間があると有楽町周辺を散策

   「ビックカメラ」→「ニッポン放送」(毎朝ラジオを聴いている)→皇居周辺→
   「ごはんミュージアム」→「国際フォーラム」などウロウロ  

   国際フォーラムでは、「1.17 KOBE」(阪神大震災から14年)のイベントを
   やっていた。
   「いま、わたしたちに、できること。2009」
   たくさんのボランティアスタッフの方がお手伝いされていた 

   震災での様子や各国で起きた大地震やハリケーンなどの生々しい写真が
   展示され、たった今見てきた「252 生存者あり」の映画とオーバーラップしてしまった。
    
   
   煙体験なども「東京消防庁」も出していて、主人と体験  したが足元すらも
   見えなかった。
   壁なのか通路なのか、右なのか左なのかもわからず足はすくみ、
   中々先に進むことが出来なかった 
   最終的には、主人に引っ張られ、外へ連れ出された~

   これが実際に本当だったら、間違いなく死んでいる 

              090117_164921.jpg


   防災アンケートに答えると、景品に防災グッズを頂いた。
   ソーセージの缶詰やみそ汁の缶など・・・(こんな缶詰があるのに驚いた  )


              P1010944.jpg

   
    暗くなり始めると、竹筒やガラスにろうそくの火が灯された。(KOBEの文字)


              KOBE.jpg

    
    過去の災害で得た経験を、現在の課題に共有し、未来につなげる・・・ 

    
 


テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ


   何だかんだで年が  明けて、もう2週間も経ってしまった。
   早い  早い

  元旦に家族1人1人今年の目標を掲げるのが、恒例となっている。


  年内に目標を考え、家族に発表するが、なぜか今年は「これをやろう・・・」
  といった大きな目標が全く浮かばなかった 
  そこで「5kmくらい走れるように頑張りたい・・・かな(←かなり弱気)」みたいな
  女子高生風に言ってみた~
  「パパ  も一緒にだけど~」と勝手に付け加えると、
  「一緒に走っても良いけど、俺は俺で走るから、一緒には走らないよ」とサラリっ・・・
 
  「人と一緒に走って出来るような意志だと、最初から出来るわけがない」
  「そんなことでは、走っても意味がないと~」
  バリバリ体育会系出身の主人は、そういうところが全く融通が利かない・・・(←超頑固) 
  思わず「一緒に走ってあげようといった気持ちが大事なんだと~」すがってみたが
  全く聞いていなかった 
  私の意志の弱さを見抜き、正月早々突っ込まれた~
  正月早々、トーンダウン・・・


  すると娘  が、休日にジョギングに付き合ってあげると誘ってくれた 
  
  ストレッチをし、足に万歩計をつけ、最初は軽く歩き   、途中から軽くスタート 
  娘に「同じ速度で走るから」と言われ、娘が5歩くらい前を走ってくれた。
 
  普段木々や景色を見る余裕など全くないなーと思いながら、脇見していたら
  スタートして300mでズデーンひっくり返ってしまった。
  しかも、普段つけない万歩計に膝を強打してしまい、青あざ・・・
  情けないスタートとなった 


----------------------------------------------------------------------------


  昨年、友人からメールで送ってくれた情報

  ファンヒーターの熱風をコタツと兼用で取り入れるダクトを利用しはじめたと・・・
  意外に良いらしい。
  ファンヒーターで室内を暖めながら、同時にこたつの中に温風を流し込む蛇腹状のダクト
  です。

           200812141318000.jpg

                                           (写真→友人提供)


  10年くらい前に、TVで東北地方では必需品みたいなことで、取り上げられていた
  のを思い出した。
  こういったものは東北で使うものだと思っていたけれど、ホームセンターなどでも
  売っていたのを、ちょうど見かけた。
  確か「省エネダクト」といった名前で1600円くらいだった気がする。
 

  「省エネ」は、地域限定ではなく、「全国共通」、「世界共通」でなければいけないネ 
  

  今度、直接取材をしに来てと言ってくれたので、効果のほどを近々見に出かけようっと・・・ 
 



         
  


    年が明けた・・・

    三が日の天気は快晴  で、一年の計のスタートに、サイサキが
    良い  かもと胸をなでおろしながら、ボーッとテレビを見ていたら、
    派遣切りされた方々の、苦しい状況が画面から映し出されていた。
    自殺寸前にまで追い詰められたと、心境を語っていた方がいた。

    また、海外ではイスラエルのガザ空爆で民間人も大多数巻き添えになり、
    かなりの犠牲者出たと伝えていた。
    泣き叫ぶ子供達の様子を見て、お正月早々気持ちが苦しくなってしまった。

    お正月からこんな話題を目にするのは辛い  

    
    お屠蘇を飲み、そんなニュースの話題をしながら、暖かい部屋で、家族揃って、
    お雑煮を食べれることが、どれだけ幸せなことなのかと  と  が、 に話しを
    していたら、  が「ママなら何が出来ると思う?」とかなり鋭いツッコミを入れてきた。
    思わず餅が詰まりそうに・・・(冷や汗  )
 
    そんなこと言われても・・・無言になる母 
    偉そうなことを言っていても、何が出来るのかと・・・返答に窮してしまった。

    不況なら寄付が一番なのか・・・ボランティアが良いのか・・・
    ブツブツ言いながら、「お金をたくさん出す余裕はなけど、ボランティアなら
    出来るかもしれない。でも、1日とかってなると、  もいるし・・・」と
    結果、色んな言い訳を考えていた 

    その後、違う話題になってしまい、ちゃんとした返答をしないまま終わってしまった。
    娘  に質問された内容が、あまりにストレートだったので、かなり動揺して
    しまったけれど、後で娘にも逆質問すれば良かったと後悔した。


    意外に、的確な答えが返ってきたかもしれない・・・ (親のメンツは全くなかった  )

    

    暗い新年のスタートだけれど、逆境をバネに頑張っていくしかない・・・
    笑って、平和で、安心して、全世界の人々が無事に暮らせることを祈ります 


   ---------------------------------------------------------------------

  
    用事があって父が、家に寄ってくれた。

    そこで、和室に置いておいた 「湯暖ぽ」 (←結構 イケルカモ  )
    (年賀状に命名を披露 


                  P1010882.jpg


    何だかわからず触ってしまい、あまりの熱さに悲鳴をあげていた。
    
    
    1個じゃ足りないので、もう1つのソーラークッカーも登場させ、


                  P1010938.jpg


     午前中に2個の湯たんぽを入れて置いた。

     途中、15時頃に放射温度計で温度を測ってみると、
    
               P1010939.jpg


     61.9度になっていた。
     やはり熱くて、何か包まないと、持っていられなかった。

     これが活躍する時期が、とうとうやって来てしまった~


   * 初夢を見た 

      オバマ大統領と直接会話をし、こんなラッキーな事はないと大喜びしていたのも束の間、
      何だかワケのわからない殺人事件の目撃者になってしまった夢を見た。
      年末、ニュースばかり見ていたせいもあり、夢と現実がゴッチャゴッチャになって
      しまっている・・・後味の悪い夢だった~

      なぜ麻生首相ではなく、オバマ大統領だったのか・・・ 
      (オバマさんの方が印象深いのかもしれない~ YES!WE CAN!)





テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。