太陽のchikara 「ズボラ主婦のエコエコ節約生活」

地球にやさしい生活は、おサイフにも環境にもやさしい・・・ 太陽のchikara(太陽の力)を利用して楽しく節約 !エコ生活で「地球温暖化」を止めよう~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
   
   近くの野菜直売所で、お店の人にススメられて「冬瓜」を買ってみました。
   実は、病人食やお年寄りの人が食べる物だと思っていたので、
   「冬瓜」なんて買うのも煮るのも初めて・・・
   皮は、かぼちゃと同じくらい硬くてビックリ!!

   薄味の「冬瓜の煮付け」は好きではないので、挽き肉を入れ中華風のオイスターソースも
   入れコッテリ味にしてみました。

       PICT0153.jpg


   柔らかいので煮る時間が少なくて済みました・・・
   今日は、雲もたくさんあり、「ソーラークッカー」にはあまり良い条件ではなかったので、
   丁度良かった 


       PICT0159.jpg



   途中、片栗粉を入れトロミもつけてみました。
   
   食べてみて・・・
   大根のようなカブのような味~
   歯ごたえが中途半端で、食べたような食べないような・・・
   口の中でトロッとなくなってしまう食感は、ちょっと物足りず
   家族には不評・・・

   数日、私がせっせと食べるハメになりそうです!!

   本日も夕飯の支度はすべて(お米も炊きました)「ソーラークッカー」だけで作れました!!
   万歳  ガス代0円 CO2 ゼロです 
   
   最近、毎日毎日TVや新聞で地球温暖化のことが取り上げられています・・・
   主要国が集まり温暖化対策の話し合いもされているが、何の
   得策も解決法もない・・・
   政治や経済界の絡みもあるが、早くどうにかしないといけない。

   足して引いての簡単な計算(使えばCO2が出る。CO2を減らすには
   ・・・これだけ考えれば何をすべきかわかるはず)

   この1秒1秒をすでに何か行動を起こさなければ間に合わないよ~ 
 

スポンサーサイト
  
  仲間入りした「ソーラークッカー」を紹介します

       PICT0145.jpg

  
  右側の水色の方です。
  これはヨーロッパ製の「サン・クック」というかわいいネーミングの「ソーラークッカー」です。

           PICT0142.jpg


  蓋のガラス面が二重になっているため、太陽の熱を取り入れ、熱が逃げにくい構造に
  なっています。
  右端の手前には、日時計がついています。
  太陽の方向を無駄なく確実に向けることができます。

  しかし、難点がある。
  このソーラークッカーは重すぎる~~
  移動するのも持つのも持ちにくい 
  太陽の方向に向けるのもひと苦労 

  でも、この「サン・クック」の良さは安さ  なんと8000円くらい~
  (実際は3万円近くだけど、ネットだとこの価格で売っている)
  この価格ならおススメです。
  8000円でCO2を減らすことができ、楽しむにも十分  
  太陽の熱をタダで取り込める威力  や魅力  も知ることができ、
  子供にも非常に良い勉強をさせられる。これは安い~
  
  本日は5合のお米を炊き、その後は前日の残りの「ホワイトシチュー」を温めるのに使いました。
  電子レンジがわりです・・・

  夜はガス代「0円」でした 
  
  
 

   非常にお待たせしてしまった「ソーラークッカーを作る会??」の予定が決まり、
   雨でも決行ということで本日実施・・・

   しかし、昨夜の天気予報でも言っていたように、あいにくの曇り空 
   
   残念ながら予定していた「本格インドカレー」は「ソーラークッカー」では作れないと確信して
   いたので、朝5時から仕込み開始・・・
   途中まで準備し、温めるだけでも「ソーラークッカー」を
   使えないかと、煮込む直前までガスコンロで仕込んでみました 

   そして、パプリカライスの準備(サフランはとってもお高いので)パプリカで代用
   これも残念ながら「ソーラークッカー」で炊くことは出来そうにないので、エコ鍋で大活躍の
   圧力鍋で炊き、いつもの「保温箱」に入れてセッティング  

   「自家製ナン」もゆっくり時間があれば、「ソーラークッカー」で焼くことが出来きたけど、
   今回のメインはあくまでも食事ではなく「西川式蓄熱クッカー」の作成
   仕方なしコンロを使って、フライパンで焼いてしまいました~

   それでも「ソーラークッカー」の楽しさを知ってもらおうと
   「じゃがいも」と「タマゴ」を別の「クッカー」で仕込んでみたら、これは完璧な出来上がり  

   意外にも必死で仕込んだ「本格インドカレー」よりも、「ソーラークッカー」で
   「蒸した?じゃがいも」や「蒸し?タマゴ」の方が人気  があったなあ~ 
   でも、普通にガスで作ったのとは味が違うと喜んでもらえたから良しとするか 

   そして、お腹がいっぱいになったところでの「ソーラークッカー作り」
  
        PICT0074.jpg

   ついつい手よりも口の方が動いてしまう私達・・・
   慎重にやるべきところも、ついつい話に夢中になり、かなり大雑把~~
   いくつもの発泡スチロールを準備していたが、深さの問題や横幅の問題などもあり、反射面の
   角度が上手く取れず、せっかく準備していたのに、全員作ることができませんでした 

        PICT0075.jpg

   だいたい作り終え、後はお持ち帰りで作って頂きました。
   早く感想を聞かせて欲しいな 

   そして、「ソーラークッカー」話に花を咲かせ、 で乾杯したい~
   みなさん大変お疲れ様でした~ 




  


  地球が悲鳴をあげて泣いている・・・

  自分さえよければ良い?ヒトゴト?

  あったはずのものがなくなっていく・・・
  
  あるものが消える・・・

  失って知る痛み、そしてつらさ
 
  でも、今ならまだ止められる

  しっかりと立ち止まり、
  地球の悲鳴に耳を傾け、向き合ってみませんか・・・

  人間は考えることができる
  そして、人間は行動に移すことができる・・・ 


________________________________

  
   これも太陽のchikaraで、育てた通称 麦藁帽子 (ドライフラワー)です。
   家にあるもので作ってみました~  
    
          PICT0063.jpg


   気に入っています~
  
          PICT0064.jpg



   

   昨日、これを設置してみました~

   我が家の1Fのトイレは、旧式のため節水タイプではないため、
   なんでそんなに水が流れるの~といった位に大量の水を
   使っていました。
   数年前から、ペットボトルを水槽タンクの中に入れて、
   かさましの努力はしていたが、水を眺める最後のむなしさは何とも寂しい限りでした~

   それが「ウォーターセーバー」で解消 

           PICT0072.jpg


   「水洗トイレの節水器」といって、水槽タンクの中のフロントバルブ(水を止めるゴム状の栓)
   の上に、重石をかぶせるような、ただ乗っけるようなもの~
   至って単純・・・ 

   使いたいだけの量を、自分でレバーで調整するだけ・・・
   レバーからすぐに手を外すと、重みで栓が閉まる。
   長く流したい場合は、レバーを長めにつかんでおくといった感じ・・・

   とっくに○○とはお別れし、おさらばしているのに
   キレイな水が流れ続けることに、疑問を感じていた不満は
   解消です。

   これを設置して思い出したのは、独身時代に勤めていた会社にも
   トイレの水の件で提案書を書いたことがあった。

   女性のエチケットとして、用を足す時には音モレの問題として無駄な水を1回流してしまう。
   このエチケットだけで流すムダな水を、女性従業員が1日何回かトイレを利用するだけで、
   企業としても莫大な損失になるといったことを書いた気がする・・・

   現在は、ホテルなどの公共施設には「音姫」といった
   メロディーを流せるものが設置してあるところも多くなったが、
   いつからこんなエチケットになってしまったんだろうか・・・
   海外の人はどうなのかな 

   最近、新聞の大きな見出しに
   「発展途上国のほとんんどの子供達は、水には色がついていると思っている」といった
   内容が書いてあった。
   
   泥水など不衛生な水しか見たことがない、飲んだことがない子供達にとって、
   「水が透明」だなんて信じられないだろう・・・ 
   途上国の子供達が亡くなる一番の原因は、不衛生な水からだそうです。
   トイレに透明なキレイな水が流れることに、何だかむなしさが残りました。

   (そうなると雨水利用だな~)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。